水宅配はどのように普及してきたのか

水宅配といえば宅配サービスから、スーパーでの給水まで様々な形態で
普及しているサービスです。
そんな水宅配サービスですが、意外とその歴史はあまり知らない方が多くなります。
もともとは水質の問題があった外国で生まれ、普及してきた歴史があります。

特にヨーロッパ諸国では、石灰岩という物質の地層が多いため、地下から
汲み上げる水などは濁った水になってしまう為、飲み水としては適しませんでした。

このことから観光ホテルなどでは、安心して水を使えるように水宅配を利用していた
歴史があるのです。
日本では、環境の面で昔から水は飲めるのが当たり前だったので意識は高くありませんでしたが、
ミネラルウォーターを買うという流れが浸透してきたことから、より安全に、美味しい水を使って
健康になりたいと思う方が増えてきているのです。
今では、ホテルだけでなく、家庭でも気軽に楽しめるサービスになっています。

次に水宅配における逆浸透膜の利用について書いてみます。
逆浸透膜は、ろ過膜の一種で、水を通し水以外の不純物は透過しない性質を持つ膜のことをいいます。
この逆浸透膜の孔の大きさは概ね2ナノメートル以下です。
これは英語でReverse Osmosis MembraneといってRO膜とも呼ばれます。

これはウォーターサーバーにおけるRO水に利用されています。
RO水とは、採水した水にRO膜処理した水のことです。
特性として不純物は取り除かれるので純水に限りなく近い水という点があります。
衛生面・安全性に気を使う人や妊婦、子どものいる家庭ではこのRO水を利用するのが良いのです。

RO水はミネラルウォーターとしても利用することが可能です。
本来は逆浸透膜の効果によって純粋にちかいのだが、後にミネラル分を加えて味を調整してあるものも
あります。
水宅配で使用される水はこのように安全面健康面に配慮して高い技術を用いたものといえます。
この点を考慮して上記の安全面に不安のある方はRO水を利用したウォーターサーバーを注文するのがいいでしょう。

 

お金を借りたいと思ったらこのHP